お墓を購入する時に役に立つ知識が満載の情報サイトです。

お墓を買うためには、まずは墓石を置く場所が必要になります。
墓地に関して必要な主な費用は以下の2つになります。

・永代使用料
・管理費用

永代使用料について

まずは、永代使用料。要はお墓のための土地代と考えてください。
ただし、一般的な不動産と違い、所有できるものではありません。
あくまで、お墓となる土地を使用する権利を得るための費用です。

尚、お墓の管理側に権利を返還しても永代使用料は戻りません。
永代使用権を転売等をすることもできません。

永代使用料は地価と同じで地域で大分、相場に差があるのでご注意を。本当にピンきりです。首都圏だとどうしても高価になるようですね。
東京都23区だと、永代使用料だけで100万円以上は最低かかります。
また後ほど説明する霊園の種類でも永代使用料の相場はかなり変わってきます。
都道府県×霊園の種類で永代使用料の相場が決まると思ってください。

ちなみに私の親の時は、田舎で公営霊園だったため、
首都圏の霊園に比べかなり安価だったと思います。
また同じ霊園内でも、マンションのようにお墓を建てる場所によっても永代使用料が変わってきます。
見晴らしが良かったり、日当たりがいい場所は、そうでない区画より高くなります!本当にマンションや住宅の価格のようですね・・・

霊園の種類については、また別で。

また、永代使用料に関しては、よく言われていますが、注意事項があります。
永代使用権に関しては「永代」とついているため、トラブルが起きやすいのですが、霊園によっては、更新年数が決まっている場合があります。よく条件を確認してくださいね。

管理費用について

次に管理費用に関しては、これはマンションの管理費用と
同じものだと思ってください。
墓地の共有部分の清掃や維持をしてもらうための費用ですね。。
ただし、個人区画の清掃までしてくれるわけではありませんのでご注意を!

この支払いが滞ると墓石が撤去されることもあるようです。
複数年まとめての金額で振込み用紙がくるパターンが多いようです。

管理費用も永代使用料と同じ、ピンきりで場所によって大分差が出ますが、安いとろで年間数千円~高いところですと2~3万/年間はかかるようです。

このページのトップヘ