お墓を購入する時に役に立つ知識が満載の情報サイトです。

まず、お墓の形には大きく分けて以下の4つに分類できます。

  • 和型
  • 和型供養型
  • 洋型
  • オリジナルデザイン型

和型のお墓

和型はよく見られる一般的な日本のお墓の形ですね。
江戸時代頃から普及した形だそうです。
同じ和型でも、台座の部分に蓮華のデザインが施されたものなど、
種類が多岐に渡りますが、一般的な構造としては、
一番上に棹石→上台石→中台石、一番下に下台石という敷石を置く四段構造になります。
ちなみに私の家では、この一般的な和型にしました。

和型供養型のお墓

和型供養型は、五輪塔の形になっているものです。
鎌倉時代から室町時代に普及した形になります。
宗教・宗派に関係なく亡くなった御先祖様を成仏、往生させ最も大切にする最高のお墓と言われているそうです。

このタイプの中でも種類があり、標準タイプに加え、一石五輪と多宝塔型があります。
また、数百年以上続く由緒ある家だけが作れるタイプもあるそうです。

洋型のお墓

洋型は芝生霊園やガーデニング霊園といった民営の霊園が増えるにつれて普及した
種類になります。
横幅が広く、モダン的な形が特徴的です。オルガン型と呼ばれる形が一番一般的な洋型のお墓になります。墓石に彫る文字も、●●家乃墓といった一般的なものより、メッセージ性のある文字を彫刻したお墓も多いです。石の種類もピンク、緑などカラフルなお墓が多いのも特徴です。

オリジナルデザインのお墓

オリジナルデザインはそのまま名前の通りで、和型・洋型にとらわれず、要望にそった形でデザイン、製作するお墓のことです。故人の職業や趣味にそったデザインにされることが多いです。

高野山にある奥の院一帯に広がるお墓には、このオリジナルデザインのお墓も多く見られます。といっても、故人のお墓というよりいわゆる、会社のお墓、企業墓地にみられます。
コーヒー飲料の会社はコーヒーカップの形、ロケット製造の会社はロケットといったように
かなりユニークなお墓が見られますよ。

このページのトップヘ