お墓を購入する時に役に立つ知識が満載の情報サイトです。

お墓を用意したので、後は埋葬するだけ、というわけにもいきません。
お墓に骨壷を入れればいいというものではないのです。

まず埋葬等に関しては法律や各種手続きがあるのをご存知ですか??
主に関係のある法律は、戸籍法や墓理法です。
墓理法なんて、普段あまり聞かないですよね。。。学生の頃の勉強でも出てきません。

これらの法律に基づいて以下のような流れで手続きをする必要があります。

人が亡くなったときは、まず自治体に死亡届を出します。
その後は火葬許可書を交付してもらい、火葬をします。
火葬をした後に、火葬許可証の返還を受け、これを霊園の管理者に交付して遺骨を納骨します。

簡単に言えば上記のような流れになります。

さて、納骨ですが、「開眼法要」や「納骨法要」という儀式が執り行れるのが一般的です。

新しくお墓をつくり、そこに納骨する場合は、開眼法要が必要です。
この法要を行うことで新しいお墓がはじめて礼拝の対象になるそうです。
私の家でも、葬式をしていただいたお坊さんにお願いをし、この法要をしていただいています。
法要を行う前はお墓の掃除やお供え物の準備をしてくださいね。

納骨法要は、納骨する度に執り行れる法要です。
新しいお墓に納骨する場合は、開眼法要と納骨法要を一緒に行われるのが一般的です。

親戚等に御先祖様のお家を披露する場でもありますので、大事にしたい儀式ですよね。

尚、納骨の際に納骨室の入り口の石を取り外すのは石材店がやってくれますが、私は、親戚の男性陣と協力して作業しました。

このページのトップヘ